バイアグラは日本製の医薬品なの?

日本製という言葉は消費者に対して非常に良いイメージを与えます。
その人気は決して思い込みでは無く、世界では日本で製造されたわけでもないのにMade In JAPANの文字を書き込んで消費者に訴えかけると言うような商売法も存在しているほどです。
そのため医薬品においても「日本製のものを使いたい」というニーズは確かに存在しているのです。
ここで少々気になるのがEDへの特効薬となっているバイアグラですが、このバイアグラという医薬品は日本製ではありません。
開発元となっているのはアメリカの製薬会社であるファイザー社であり、アメリカの製薬工場で作られたものが日本に対して輸出されている形になりますから日本製では無く海外製の医薬品だということになるのです。
ただ、これはあくまでも先発品のバイアグラに限った話です。
バイアグラは作られてからある程度の年月が経過しており、その中では既に特許の失効を迎えました。
特許が失効されれば他社が先発品と同じ有効成分を使って同等の医薬品を作ることが可能になりますので、日本国内の製薬会社も「ジェネリック」という形でバイアグラと同等の医薬品を製造販売するようになっています。
「バイアグラ」という名前はファイザー社のみが使えるものですから日本製の物は有効成分の名前を使って「シルデナフィル錠」として売られているのですが、その効果としてはほぼ同一のものになっています。
現在の日本では医療に対する支出の増加がかなり大きな問題となっていますから、病院でジェネリックの処方を申し込めば日本製のバイアグラも手に入れることが出来るのです。
医薬品は製薬会社がしっかりと安全を確保したうえで流通させていますから日本製でも海外製でも、正規品であれば安全性はほとんど変わらないのですが、もし日本製の医薬品を使いたい思うのであれば病院で国産ジェネリックの処方を申し込んでみましょう。