バイアグラが代引きで買えない理由

バイアグラは誰もが知っている世界的に有名なED治療薬ですが、有名になりすぎて偽物が出回るなどの問題も多い薬です。日本では医師の処方で販売されていて、25mgと50mgが購入できるようになっています。バイアグラには25mg、50mg、100mgと用量の違いでそれぞれ販売されていますが、日本では厚生労働省が認可しているのは25mgと50mgだけで、国内ではこの2つのみが処方されます。日本をのぞく海外では100mgも認可されており、世界中で流通しているため、個人輸入代行業者を使うことで購入が可能となっています。個人輸入代行業者とは個人輸入による諸手続の代行を行い、注文から支払い、通関や配送までの手配を代わりに請け負う業者のことを指します。これによって、国内に流通していないものでも、取り寄せることが可能となります。バイアグラの100mgでも同様に購入することが可能ですが、支払方法で代引きが使えないという問題も発生します。前述の通り、バイアグラには偽物が多く出回っており、偽物を回避する点から、個人輸入では製造会社からの直接配送となっています。「お金は払ったけど、商品が届かなかったらどうしよう」という不安から代引きを選ぶ人も多いですが、この方法は、製造会社と販売会社が代引き決済のための契約を行う必要があり、非常に煩雑なシステムのため製造会社が対応できないのです。国内の企業間でも大変な労力が必要なのに、海外との企業間では余計に難しくなります。このことから、個人輸入では通常は代引きが選択できず、偽物の多いバイアグラでは特に利用できないようになっています。もしも、代引きができる通販サイトを見かけたら、それは偽物か違法で販売しているサイトですので、購入はしないようにしましょう。
▼まとめ買いで安く手に入れる
バイアグラ 通販
▼経済的かつ長時間効果
シアリスジェネリック
▼バイアグラの成分
シルデナフィル